保険の基本を教えます~定期保険は□、貯蓄は△、掛け捨てってどういうこと?!~

たくさん商品もあって、複雑そうに見えるため、「生命保険は難しいからよくわからない・・・」と言われる方が多いのですが、実は・・・生命保険の基本形は、

①定期保険
②養老保険
③終身保険
の3つだけです。
今回はシリーズで、この3つの基本形のうち①定期保険について見ていきたいと思います。

1 .定期保険のタイプは□(四角)

定期保険は、生命保険の中で一番シンプルで、基本となる形の保険です。定期保険には、10年、20年などと保険の期間があり、その保険期間中は、保険料や保険金は一定です。この保険期間中に万が一が起こった場合には、保険金を受け取ることができます。形にすると、下のような四角い形になります。

保険料は、3つの基本形の中で一番割安なため、大きな保障を低コストで確保することが可能です。定期保険は「家族を守るための保険」として、一定の期間に大きな保障が必要となることが多い一家の大黒柱の方が、加入するのがおススメです。

2.貯金のタイプは△(三角)

定期保険は、契約と同時に必要な保障額が確保されるので四角い形でしたが、貯金はどうでしょうか?時間をかけて少しずつお金を貯めていくので、貯金は三角形です。

四角い形の「定期保険」と三角形の「貯金」には、大きな違いがあります。それは、三角形の「貯金」は、積み立てている途中で万が一があった場合、それまで積み立てられた分のお金だけしか返ってきませんが、四角い形の「定期保険」では、仮にまだ1回しか保険料を支払っていなかったとしても、確実に大きな保障を手にすることができます。特に、貯金が少ないときは、この生命保険の役割は大きいものになります。

3.満期になったらどうなる?

定期保険の簡単な仕組みをご紹介いたしましたが、では、満期になった場合は、その後の保障や支払った保険料はどうなるのでしょうか?

定期保険は、「掛け捨て」のため、保障期間が終わった満期のときの満期保険金はありません。保障も、基本的には満期になるとなくなります。

更新型の場合は、今までと同じ保障内容で更新されますが、保険料は、更新するときの年齢の保険料になるため、満期前よりも高くなります。更新の際は、年齢を重ねるごとにどんどん保険料が高くなるので注意が必要です。

     特徴
定期保険 ・保険期間は一定
・満期保険金や解約返戻金はない
・保険料は割安
・満期後、更新できる(保険料は高くなる)

まとめ

万が一の場合に保険金を受け取ることができれば、貯金を取り崩さずに済み、子どもの教育費や老後資金など貯めていた本来の目的通りに使うことができるため、生命保険には「貯金を守る」役割もあります。

生命保険だけで・・・、貯金だけで・・・と、どちらか一方で備えるのではなく、生命保険と貯金をバランスよく組み合わせることが大切です。そうすることで無駄のない効率的な備えをしていくことができます。

まずは、自分が今加入している保険は、どの保険の種類に当てはまるのかをぜひ確認してみてください。また、貯金とのバランスも踏まえ、その保険が『自分に合っているのか』も確認しておきましょう。ひょっとしたら自分に合っていない保険に加入し続けているなんてことも・・・

保障内容の確認や保険の見直しについてのご相談は、私たちファイナンシャルプランナーがいつでもサポートしますのでお任せください!

予約可能日時はこちらから