住宅ローンはどこで契約するか知っている?

いよいよ住宅ローンを契約しよう!となった時、どこで契約したらいいのでしょうか?

銀行などの金融機関と言っても、大手やネット銀行などたくさんあるのでどこがいいのか、何を基準にして選べばいいかわからなくなってしまいますよね…。何千万もの借入れをするので、どこで借りるのかは慎重に選んでいきたいものです。

ファイナンシャルプランナー

住宅ローンシリーズ③の今回は、住宅ローンを借りるところはどんなところがあるのかを紹介していきます。

1.金利っていつ決まる?

ところで、住宅ローンに適用される金利は、いつの時点で決まるのか知っていますか?

住宅ローンを選ぶ時には、前回の記事で確認した「金利のタイプ」だけでなく、適用される「金利の設定される時期」を確認することも重要なんです。

金利の設定される時期は、「申込時(申込日での金利)」と「融資実行時(実際に住宅ローンの融資が実行される日)」があります。ほとんどの金融機関が「融資実行時」の金利が適用されますが、財形住宅融資などの公的機関は、「申込時」の金利が適用されます。

融資実行時の金利の場合には、申込時より金利が上昇してしまい、当初の資金計画が変わってきてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

▶売買契約
▶融資の申込 <——-(公的機関(財形住宅融資)の金利決定)
▶融資の審査
▶融資の決定
▶融資の契約
▶融資の実行(決済・引渡し)<——- (民間の金融機関・フラット35の金利決定)


2.どんなところがある?

手取り額が変わった?!住民税の仕組み知っていますか?イメージ

では実際に、住宅ローンを借りることのできるところはどんなところがあるのでしょうか?

どんなところで住宅ローンを借りれるのかを知ることで、住宅ローンの選択肢も広がりますね。住宅ローンをどこで借りるのかは、住宅ローンの選択の中でもとても重要なことなので、しっかりと確認していきましょう。

民間(銀行などの金融機関)
住宅ローンと聞くと、多くの人がまず思い浮かべるのが、この民間の銀行などの金融機関だと思います。都市銀行や地方銀行のほかにも信託銀行や信用金庫、JAなど民間の金融機関が住宅ローンを扱っています。また、ネット銀行でも住宅ローンの融資を行っていて、金利も低く設定されているところが多くあります。

フラット35
フラット35は、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して行う住宅ローンです。最長で35年間、固定金利で借りることができるのがフラット35の大きな特徴です。超低金利時代と言われている今は、この低金利の恩恵を最長で35年間受けることができ、とても魅力的なローンです。

公的機関(財形住宅融資など)
民間の金融機関やフラット35とは違う公的機関の融資として、財形住宅融資があります。財形住宅融資制度は、給与から天引きされる形で「財形貯蓄(一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄)」を使っている人が受けられる住宅ローンです。5年間の固定金利で、事務手数料や保証料が必要ないことが財形住宅融資の特徴です。

まとめ

それぞれにメリット・デメリットがあり、また、借りる金融機関によっても優遇金利も色々あります。それぞれの金融機関の特徴や条件をしっかりと確認し、比較検討することが重要です。金融機関の住宅ローンサイトのシミュレーションをしてみたりして、比較検討してみることがおススメです。

住宅ローンを比較検討する際、どこで、どのようにローンを組むかの選択は、難しいし大変だと感じる方も多いと思います。自分にあった住宅ローンを組むためにも、今の収入や支出業況、将来のライフプランによって大きく異なります。自分にはどんな金利があっているのか、どの金利を選択すればよいのか、など住宅ローンについて不安や疑問に思うことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。LINE@で相談予約してください♪

夢のマイホームに向けての資金計画、私たちファイナンシャルプランナーがいつでもサポートします。お任せください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA