見直しチャンス到来!愛知県民は今こそ火災保険を見直そう☆

唐突ですが、みなさん火災保険に加入していますか?

「実家暮らしだから親が加入しているのかな?」「マンションの契約の時に強制的に加入したような気がするけど?」というあなた。今すぐ火災保険の加入状況をチェックしましょう。

というのは、以前の記事でも書きましたが、今年の10月から、各損害保険会社の火災保険の値上げが正式に発表されたからです(値上げ率は全国平均で5~9%とのこと。5/9付日本経済新聞より)。

ただ、賢い読者のみなさんが惑わされないでほしいのが「全国平均」というキーワード。火災保険の保険料というのは、実は全国一律ではなく、火災や自然災害が発生するリスクに応じて地域差があるのをご存知ですか?例えば10月からの改定で「愛知県」はどうなるかというと、こんなイメージになりそうです。

<改定後の火災保険料イメージ>   
・マンションに住んでいる人⇒約7.2%UP
・木造一戸建てに住んでいる人 ⇒ 約9.8%DOWN

*出所 日本損害保険料算出機構(実際には各保険会社の違いあり)

マンション住まいの人は、値上がり前に早急に見直しをした方がよさそうですが、下がるケースもあるということですね。ただ、木造一戸建てに住んでいる人は何もしなくて良いわけではありません。実は今年の1月から、愛知県の「地震保険」の保険料が約15%値下がりしていますので、地震保険に加入している人が今から見直すと、少なくとも10月までの約4カ月分の保険料を抑えることが可能です。地震保険料は「全国平均」で約4%値上がりしたので、地震保険に加入している愛知県民は、住まいの状況に関わらず、今が見直し大チャンスというわけです。

<地震保険>2019年1月改定
・全国平均 ⇒ 約4%UP
・愛知県 ⇒ 約15%DOWN

*出所 日本損害保険料算出機構

2014年以来の火災保険改定ニュース。何かと複雑な火災保険ですが、「全国平均」という言葉に左右されないベストな火災保険を私たちと一緒に考えてみませんか?

相談はLINE@からお気軽に申し込みくださいね。

ファイナンシャルプランナー 辻

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA