家計の見直しの本当の目的とは?家計管理に必要な3つのステップ

家計の見直しをしたことはありますか?

社会人になってから一度もしたことがないっていう方はいませんよね・・?給与が変わった、ローンの支払いが発生したなど環境の変化や結婚や子供の誕生など家族構成の変化があった際には家計の見直しが必要になります。

では、環境が変わっただけでなぜ家計の見直しをしないといけないのでしょうか?

1.家計の見直しはなぜするの?

家計の見直しは、単純に節約するというためではなく、今を知り、将来に向けたライフプランを実現させていくためのものです。環境の変化や家族構成の変化があった場合は、ライフプランを一度見直し、家計も一緒に見直していくことが必要です。

それは、収入や支出、そして将来かかるお金にも同じように変化が出てくるからです。変化に対応し、自分が毎月どんなことにどのくらいお金を使っているのか、将来どんなことにどのくらいお金が必要になるのか、「現状」をしっかりと整理して「将来」を考えていかなければ、漠然と不安や焦りが募ってしまいます。家計の「現状」を知ることで、モヤモヤは消え、将来に向けた「お金が貯まる仕組み」を自然と作っていくこともできちゃいます。そのためにも、家計の見直しをぜひこの機会にしてみましょう!!

2.見直しってどうするの?

では、具体的に家計の見直しは何をしたらいいのでしょうか?家計の見直し方法を見ていきましょう!

①現状を知る

まずは、現状を知ることからはじめましょう。

  • 預金や現金、株などの資産の金額
  • 家や車、学費などのローン残高(負債の金額)
  • 1年間の収入(給与やボーナス、入ることが分かっている臨時収入など)
  • 1年間の支出(生活費、保険料、ローン、教育費、税金、旅行、誕生日などのイベント費など)

を、一度整理して書き出してみましょう。

食費や光熱費、日用品費などの生活費が、今どのぐらいかかっているのか分からない場合には、1ヶ月でいいので家計簿を付けてみましょう。

お金の流れを見える化することで、今まで気づかなかったことに気づくことができます。また、引越しや新生活などで生活環境が変わったり、出産や子どもの進学などで家族の状況が変わったりした場合には、支出の変化も必ず確認しましょう。

②大きな固定費から見直しをする  

お金の流れを見える化できたら、今度はその中でも大きな金額の項目に注目してみてください。特に、住宅費(家賃や住宅ローン)や保険料などは、毎月決まって出ていくお金(固定費)の中でも大きな金額となり、見直しをすると大きな効果が得られます。

また、保険に関しては、家族構成が変わったり、家を購入したりした場合には、必要となる保障額も変わってきます。今の保障をまずは確認してみましょう。保険の見直しについては、分かりにくい部分も多いので、専門家に相談するのがおススメです。ぜひ一度相談してみてください! 

③将来かかるお金を整理する

最後に、将来かかるお金を整理してみましょう。車の買い替えや住宅購入、子どもの進学、旅行や家族の大切なイベントなどいつぐらいにどのぐらいのお金が必要になるか見積もることで、それに向けた準備をしていくことができます。

家計の見直しや節約と聞くと、なんだか窮屈で辛いイメージを持ちやすいですが、今後の●●のために!と家計の見直しをして得られるものを何に使うのか「目的」をもつことで、明るく前向きに考えていくことができるものです。

家計の見直しする時に以下のサイトを参考に使ってみましょう!

日本FP協会 「便利ツールで家計をチェック

まとめ

よし!!早速見直しをしてみよう!」そう思っても、実際に見直しをしていくと不安や疑問に思うこと、迷うことも出てきますよね。そんなときには、ぜひご相談ください。ふと気になったこと、ちょっとしたことでも大丈夫。どんどん相談してくださいね。

家計の見直しは、「行動」に移していくことが何よりも大切です。自分だけで見直しをしていくのはちょっと不安。途中で投げ出してしまいそうだから・・・「まずは、相談の予約をしてみる!」でもOK。それも家計の見直しの第一歩!

私たちファイナンシャルプランナーがいつでもサポートしますので、安心してお任せください♪

✍ファイナンシャルプランナー 平野

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA