私がファイナンシャルプランナー(FP)を目指したきっかけとは。

小学校高学年~中学時代に『教師』という形にとらわれない教え方をする先生に出会い教員を目指していたけれど、高校入学後、「なりたいものを一旦おいて、広い視野でいろんな可能性を考えてほしい」と担任の先生に言われ教員以外どんな職業があるのかちょっと考えてみることに…

そんな時進路を考える中で、世界では金融危機が発生・・・

1つの国で起きたことがそこだけで収まることなく、一見関係なさそうに感じるのに、多くに影響を与えることにテレビでの報道を見ながらショックを受けました。こんな危機に振り回されないようにするにはどうしたらいいのか知りたくなり、教員志望から、

世の中の経済・企業や個人のお金の流れを知りたい

と思い経営の勉強をしてみたいと何になりたいかは決まっていなかったが、なんとなく進路が決定!進路が決まったけれど、志望理由が飛んだ発想のため、周りからは何かあったか心配されました💦

就職にあたり、経営関係に携わる仕事がしたい、ずっとバリバリ働きたい、わくわくすることがしたいと思っていましたが、なかなか就職活動がうまくいかず・・・
そんな時に大学にはない情報があるハローワークで就職先探しを提案され、大企業だけではなくもっといろんな企業を見てみようと思いハローワークで情報収集。

そんな中で担当の人に『こんな企業もあって、今は募集してないみたいだけどダメもとで出してみては?』と。

大学で学んでた経営関係ではなかったけれど、個人の家計のコンサルティングをしている企業で、どうやって、どんなコンサルをしているのか知りたくなり、そこでFPという職業に出会いました。税理士でも弁護士でもコンサルタントでもないけれど、広く生活に関わることを中立な立場からアドバイスできることにビックリでした。

日々の生活にいっぱいいっぱいなこともあり、何十年先のことを考える余裕がない!って思う時もありますが、私だけではなくどうしたら不安に感じることなく安心してもらえるのか、想いをくみ取れるように日々努力中。

✍ファイナンシャルプランナー 春日井

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA