知っておくべき!10月からスタートする軽減税率とは。

10月からいよいよ消費税の税率が10%に引き上げになりますね。10%となると家計の負担は大きくなりそうですね・・・

ほとんどの商品の消費税率が10%なる一方で飲食料品などは例外的に税率が8%のままになる「軽減税率制度」というのが、10月からスタートします。

何が8%のままで、何が10%になってしまうのか、ポイントを抑えることで10月以降戸惑うことは少なくなると思います。

何が軽減税率の対象?

酒類、外食等を除く飲食料品

酒類以外と聞くと、「ノンアルコールは酒類に該当するのかな?」って思うかもしれませんが、ここでいう酒類は、アルコール分が1%以上あるものに限られています。そのため、ノンアルコールは酒類には該当しません。
飲料としての酒類に注意がいきがちですが、調味料として使われる「みりん」や「料理酒」は、酒類に該当するので注意!ただし、みりん風調味料は酒類に該当しません。購入する際は、表示のチェックが必要ですね。

週2回以上発行される新聞

毎日新聞を購読するといった定期的購読を契約をしている人は軽減税率の対象。ただし、購読契約をしていても電子版はNGです。コンビニで購入する新聞も対象外です。

外食やケータリングは、10%。
ただし、テイクアウトや宅配、出前は、8%

飲食料品といっても外食はどうなるの?

「外食」かを見分けるポイントは、顧客に対してサービスを行うかどうか。外食やケータリングは、顧客が指定した場所で調理したり、セッティングしたりなど顧客に対してサービスを行いますが、テイクアウトや宅配・出前は、飲食料品を渡したり、届けたりするだけなので、サービスには該当しません。コンビニのイートインコーナーで食べるときは、軽減税率の対象外なので、気を付けてくださいね。

普段から自宅でよくお酒を飲む人や外食の頻度が高い人は、増税の影響を受けやすくなってしまいますね。

その他には?

医薬品や医薬部外品は対象外なので10%になります。ちなみにトクホ(特定保健用食品)のお茶は、8%のままです。←医薬品に該当しなければ飲料として扱われるからですね。

軽減税率の対象品目を見ていてびっくりしたのが、私たちが毎日使う「水道水」は実は軽減税率の対象外ということ!飲み水として購入されるミネラルウォーターは軽減税率の対象です。水道水は、お風呂や洗濯など飲食用以外の生活用水として使用されるため、10%になるようです。
毎日使う水道水こそ軽減税率の対象にしてほしいものですよね。

✍ファイナンシャルプランナー 春日井

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA