老後資金2000万円で焦る?!iDeCo,NISA口座の新規申し込み増加

先日の日経新聞に「iDecoやNISAの新規口座開設が急増した」という記事が掲載されていました。老後資金2000万円という報道を受け、どうしようと不安になった方が申込をされたようですね。これらは税制優遇があり、自動的に積み立てができるのでお勧めの制度ですよね。

不安になったので、行動を起こすのはとてもいいことですよね。いくら必要になるかは人それぞれのライフスタイルによって違いますが、お金が必要であることは確かですから。

ここで考えておいたほうが良いことは、利用の仕方です。

iDeCoだけでつみたてをすると60歳まで引き出しができないため、他のライフイベント資金に充てることができません。若い世代の方はこれから住宅購入や教育費などお金のかかるライフイベントが考えられるため、使用用途が限られる制度だけを利用するというのは不安が残ります。将来のための貯蓄はつみたてNISAを利用したほうが、ライフプランによってそのお金を途中で引き出すことができるので、おすすめです。

iDeCoを始める前に、会社で確定拠出年金制度があるかを確認しましょう。その制度がない方は証券会社などで申込が必要となります。手続きには時間がかかることもありますので、まずは資料を取り寄せるなど行動を起こしましょう。

また、積立額を決める場合には、上限額までいっぱい利用するのではなく、将来のライフプランに合わせて積立額を決めましょう。

例えば、30歳女性が将来の積立を始めようと思った場合
この先、結婚することや子どもを持つことが考えられます。

・老後資金用に確定拠出やiDeCoで月2万円
・将来のライフイベントに備えてつみたてNISAで月2万円

というように、老後資金用にiDeCoと目的を明確にしないつみたてNISAを両方併用し、将来のイベント資金準備を考慮した資産作りがおすすめです。

これら積立額は老後資金や想定しているライフイベントによって異なりますので、自分自身の計画を立ててみてください。

✍ファイナンシャルプランナー 今枝

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA