”プロ”が女性におススメしたい医療保険ベスト3 ~後悔しない保険の選び方~

30代に突入すると、以前とは違うちょっとしたカラダの不調や体力の衰えなどが気になったり、女性特有の病気が気がかりになったりと、健康面での心配事が増えてきますよね。

「病気になった時のために、ちゃんと備えておかなきゃ!」と医療保険を検討したけど、種類がたくさんありすぎて、結局どれを選んだらいいのかわからない・・・と尻込みしてしまう方も多いのではないでしょうか?
そこで、ファイナンシャルプランナーが本当におススメしたい「医療保険」と自分にピッタリの医療保険を選ぶためのポイントをご紹介しちゃいます!

1.ズバリ!加入するならこの保険!医療保険ベスト3

★オリックス生命 新CURE(キュア)のおススメポイント
 ①基本の保障がわかりやすい!
  三大疾病、七大疾病は、入院保障期間を無制限にできる!
とてもシンプル。シンプルなのに、入院が長期になる傾向がある三大疾病や「生活習慣病」と

言われる七大疾病にはきちんと備えることができる点がおススメです。
    ※三大疾病:がん・心疾患・脳血管疾患
    ※七大疾病:三大疾病+糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全

 ②先進医療保障の一時金で、交通費や宿泊費に充てることができる!
2018年10月の改定にて新しくなり、一時金を受け取ることができるようになりました。

★メットライフ生命 Flexi S(フレキシィエス)のおススメポイント
 ①シンプルな基本の保障の中に、放射線治療への保障が入っている!
  シンプルですが、がんの三大治療である放射線治療への保障が

基本の保障に組み込まれていておススメです。

 ②三大疾病は一時金、七大疾病は入院保障期間を延ばすことができる!
三大疾病や七大疾病になった時には、一時金や入院保障が延びたりと、

保障が手厚くできおススメです。
    ※三大疾病:がん・心疾患・脳血管疾患
    ※七大疾病:三大疾病+糖尿病・高血圧性疾患・肝疾患・腎疾患

★東京海上日動あんしん生命 メディカルKit NEOのおススメポイント
 ①基本の保障はシンプルでわかりやすい。放射線治療への保障も入っている!
  2位のフレキシィエスと同じですが、放射線治療への保障が基本の保障に

入っている点がおススメです。

 ②働けなくなった場合にも備えることができる!
  1位のキュア、2位のフレキシィエスにはない特徴で、五大疾病で

働けなくなるスクに備えることができる点がおススメです。
    ※五大疾病:がん(上皮内新生物は対象外)・急性心筋梗塞・脳卒中・肝硬変・慢性腎不全

実は、おススメの医療保険には共通する特徴があります。それは、『シンプル』でわかりやすいということです。
この3商品は、「病気・けがでの入院」・「手術」の医療保険の基本的な保障をシンプルに備えることができます。

2.医療保険は『シンプル』なものをベースに考える!!

なぜ『シンプル』な医療保険がおススメなのかというと、商品内容のシンプルさは給付金を受け取るときのわかりやすさにもつながっているからです。

保険に加入するときには、説明を受け、しっかり理解したつもりでいても、内容が複雑だと、何年か経ったときに何に備えた保険なのかわからなくなってしまいます。どんな時に何が保障されるのかを理解できていないことで、「給付金を受け取ることができなかった・・・」なんてことが起こってしまうと、勿体無いですよね。

また、基本が『シンプル』であれば、自分が「どんな状態になるのが困るのか、何が心配なのか」と万が一になったときの心配事を整理しながら、自分にあった特約を選択し、追加していくことができます。

『シンプル』なものをベースにすれば、ムダやモレがなく、理解しながら本当に自分にあった備えをすることが可能となります。

3.追加するならどの保障をつけておくべき??注意点は?

必ず追加して欲しいのは、「先進医療による療養」です。

先進医療は、厚生労働大臣が承認した先進性の高い医療技術で、とても高額になります。先進医療の技術料は全額自己負担となるため、先進医療はつけておくことがおススメです。キュアの先進医療特約は、途中で追加ができないので、加入時に付け忘れることがないよう注意してください。

また、特定の病気(三大疾病など)になった時に、それ以降の保険料の払込が免除になる「特定疾病保険料払込免除」もつけておくとよいでしょう。

まとめ

どんなときに、何が心配なのか、どんな状態になるのが困るのかを考え、その状況になった時に「自分の貯蓄から解決できる」ことなのか、それとも「保険に頼ることが必要」なのかを検討することが大切です。

そう考えると、実は、すべてを保険に頼らなくても、貯蓄でカバーできる部分も実は多いのではないのでしょうか?
シンプルな医療保険をベースに、特約で自分に必要な保障を整理しながら選択・追加し、ムダのない自分にピッタリの医療保険に入りましょう。

女性の場合、今後のライフプランや貯蓄とのバランスをきちんと考えてから加入したいという方も多いと思います。自分だけで選択するのに不安を感じる方もいらっしゃると思います。ちょっと聞いてみたい、相談してみたい方はLINE@でお問い合わせください。女性ファイナンシャルプランナーの私たちがあなたのご質問に丁寧に対応します。一緒にあなたの不安を解消しましょう。

★相談予約はLINE@で受け付けております。ぜひ登録お願いします。