乳がんが騒がれる今、ガンにどう備える?! 30代働く女性のガン保険

最近では芸能人が乳がんを公表することも増え、ニュースなどでも話題にのぼることが多くなった乳ガン。20代や30代で乳ガンになったという話を聞くと、「自分は大丈夫かな・・・」と不安になり、検診に行ったり、ガン保険を検討された方も多いのではないでしょうか?

そんな乳ガンが騒がれる時代の今、30代・働く女性のガン保険の選び方とFPおススメのガン保険をご紹介します。

1.ズバリ!加入するならこの保険!おススメのガン保険ベスト3

東京海上日動あんしん生命保険株式会社 がん治療支援保険NEO のおススメポイント

抗がん剤特約に強み!

商品としては様々な特約を選べるようになっているものの、パンフレットでは4つのおすすめプランが表示されているので、自分に合ったものを選びやすい。

また、高額になりやすい抗がん剤に関しては1か月ごとの計算なので、たとえ月に1日だけ通院した場合でも、5万円や10万円といったまとまったお金がもらえるので助かる。

特約で備える必要があるが、薬代が心配な人にはおススメ。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社 勇気のお守り のおススメポイント

必要なものがすでにセットになっていて保障が分かりやすい! 

ガンと診断されると受け取れる診断一時金、入院、手術、通院の保障など、必要なものがセットになっているため、

分かりやすい点がおススメ。また、近年、罹患率が高くなっている「上皮内がん」の保障も全額で守ってもらえる点が安心(上皮内がんは対象外か、制限される会社が多い)。通院治療に関しては、1日につき〇〇円というタイプだが、

通算無制限なので、長引く治療にも対応できる。

★メットライフ生命保険株式会社 ガン保険ガードエックス おススメポイント 

入院をしないガン治療にも対応!

1日も入院をせずに治療を開始しても、まとまった給付金がもらえるのがこの商品の特徴。入院や通院に関わらず、治療が開始されれば保障の対象に。医療保険で既に入院や手術の備えをしているので、ガンの治療費に特化して備えたいという人におススメ。また、ガン治療が継続しても、1年に1回給付金が受け取れるので、長引く治療に有効(2年に1回の会社が多い)。特約で、ホルモン剤治療や、乳房の再建術の保障など、女性特有のガンに備えることもできる。

おススメのガン保険の共通するポイントは、一時金や通院にしっかりと備えることができるという点です。
特に、『一時金』がしっかりと受け取れるガン保険はおススメです!

2.なぜ一時金があるほうがいいの?

では、なぜ一時金があるガン保険がオススメなのでしょうか?それは、最近はガンの治療を「入院」せずに「通院」で行うことが増えているからです。

ガンの治療方法は、手術療法・抗ガン剤療法・放射線療法の三大治療に加えて、最近はホルモン剤治療などもあります。これまでは、入院をともなう手術がガンの治療のメインでしたが、最近は、抗ガン剤療法や放射線療法が進歩し、通院して治療を行うことが増えてきています。

このように治療方法の変化から、入院や手術などの保障ではなく、診断給付金などでまとまった一時金を受け取れる方が、自分の必要な用途に自由に使うことができるためおススメです。例えば、乳房再建や抗がん剤治療の副作用で髪が抜けたときのウィッグ代など、女性だから感じる精神的な苦痛を和らげるために一時金を使うこともできます。

また、ガンの治療は長引きがちであるため、治療で仕事を休むことも多くなり、今までのように働くことができなくなることも考えれます。一時金を受け取ることで、治療費以外にも、ガンで働けなくなった時の収入減を補うことにも使えます。

3.要チェック! 医療保険ですでに備えはある?!

ガン保険を検討する時に必ずチェックして欲しいのは、すでに医療保険に加入しているかどうかです。

そもそも、ガン保険はガンの保障に特化した保険ですが、医療保険は病気(全般)やケガを保障するものなので、医療保険に加入している場合は、ガンによる入院や手術に対しても保障されます。つまり、入院や手術に対する備えは「すでに備えてある」状態なのです。(コチラも参考に:医療保険ランキング

また、医療保険の内容によっては、ガンになった時に手厚く備えられるものもあるので、自分の加入している医療保険の内容を必ず確認するようにしましょう。自分にとって必要なガン保険を選択する上で大切なポイントです。

まとめ

ガンの治療方法の変化とともに、必要となるガン保険も変化していきますので、ガンへの備えも定期的に見直しをしていきましょう。

また、ガンは早期発見し適切な治療をすれば、再発するリスクも治療費のかかり方も小さくなります。ガンへの備えの一つとして、検診をきちんと受けていくことも大切なことですね。

ガン保険と医療保険、自分で選ぶのを迷ったときはプロに頼ってください。一緒に不安を解消しましょう。


★相談予約はLINE@で受け付けております。ぜひ登録お願いします。