お薬手帳を上手に活用して、素敵な女性を目指そう!!

「お薬手帳を持っていますか?」と薬局で聞かれた時、あなたはお薬手帳をきちんと出していますか?

ついつい忘れてしまって…なんてことはありませんか?

お薬手帳は、今飲んでいる薬を記入していく手帳です。でも、それだけではなく重要な役割もあります。働く女性にはぜひ、自己管理の一つとしてお薬手帳をきちんと活用することをおススメします!

1.お薬手帳を活用していますか?

お薬手帳とは、いつ、どこで、どんな薬を処方してもらったか、自分が使っている薬の名前や量、日数、使用方法などを記録できる手帳のことです。

薬の重複や飲み合わせを薬剤師さんに確認してもらうことができるので、お薬手帳は私たちの命を守ってくれる重要なツールなのです。

2.お薬手帳を持ち歩こう!持ち歩くメリットは?

お薬手帳は持ち歩くことが大切です。そのメリットを確認してみましょう。

1.健康管理ができる

以前はどのような薬を飲んでいたのか、副作用が出た、効果がなかったなど、自分に合う薬、合わない薬を確認することができます。また、病院にかかる前に、どんな症状がいつからあったかなどを体調が悪くなった前後の経過を簡単に記載しておくと、健康管理もできます。

2.飲み合わせを確認できる

病院で処方された薬だけでなく、市販の薬やサプリメントでも、病院で処方された薬と同じ成分のものや相性の悪いものがあります。市販の薬やサプリメント、健康食品を食べたときには記載しておくと、薬剤師さんに相談できます。

3.災害時や緊急時の備えになる

災害でいつもの病院に行けない、薬が足りないという時、旅行中に急に体調が悪くなった場合など、お薬手帳があれば、いつもと同じ薬を処方してもらうこともできます。特に災害時には、いつもと違うつらい状況から体調を崩したりすることも多いですが、人手も医療設備も整っておらず、不安に感じてしまいます。いざというときの備えとなり安心です。

4.薬代が安くなる

薬局を利用する時、薬の代金に「薬剤服用歴管理指導料」が加算されますが、実は、お薬手帳を持参した人の方が、手帳を使わない人よりも自己負担額が安くなっています(※厚生労働省「平成30年度保険調剤の理解のために」より)。

3.アプリの活用で楽々管理がおススメ!

最近は、アプリでもお薬手帳を管理できるようになり、電子化が進んでいます。

アプリだと、忘れることなくお薬手帳を持ち歩くことができるだけでなく、色々な機能もついていて、とても便利でおススメです。ただし、紙もアプリも、それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分にあった方法で自己管理を始めてみましょう!

まとめ

健康管理やいざというときの備えとしてお薬手帳はとても大切です。自己管理できる女性へとステップアップし、素敵な女性を目指しましょう。

また、お薬手帳だけでなく、これからのお金について考えたり、保険の見直しをして自己管理していくことも、大切な備えです。お金の不安や保険の見直しなど迷ったり困ったときは、ぜひ私たちに一度相談してみてください。

お薬手帳の意外な利用方法もあります。知っ得コラムをぜひ読んでみてください!