為替変動って何? 

「為替変動」という言葉、耳にする機会があると思います。

外貨建て商品を説明する際によく出てくる言葉ですが、そもそもどんなものでしょうか?

円から米ドルに、米ドルから円にと別の通貨に交換する時は「為替レート」という比率で交換されます。

為替レートは常に一定ではなく1$=100円だったり、1$=90円のように変化します。為替レートが変化する理由として通貨の需要と供給の関係があげられます。

円の人気が上がり他の通貨から円に交換する人が多くなると円高になり、円の人気が落ちて円から他の通貨に交換する人が増えると円安になります。

例)1$=110円  1$=108円になった場合
1$の価値が110円から108円に下がったことになるので、ドル安=円高に。