「円建てVS外貨建て」どっちがいい?

円建て保険と外貨建て保険、どちらがいいの?

商品については理解したけど、自分が入る保険として考えた場合、お得なの?って疑問がありますよね。

外貨建て保険の商品内容については、前回説明したように保険料が外貨で運用され保険料の払い込み・保険金の受取りが外貨で行われる保険です。一方、円建て保険は円で保険料、保険金を受け取ることができる保険で、為替とは無関係なので、保険料や保険金の変動リスクがありません。

商品がお得かどうかではなく、その商品に適した考え方を持っているかによって、おすすめ度合いが変わります。自分がどちらに向いているかチェックしてみてください。

1.外貨建て保険に適しているのは?

外貨建て保険に適している人

☑為替リスクを取って積極的に資産運用したい人

☑余裕資金を運用したい人

外貨で考えた時は貯蓄性のある保険ですが、多くの方が円で保険料を支払い、円で保険金や解約返戻金を受け取ることになるため、為替リスクを大きく受ける商品と言えます。そのため、元本割れするのは困る…という方にはお勧めできません

注意点

①一時払いに加入する時
一時払いタイプの場合は、保険料支払い時と保険金や年金、解約返戻金受取り時の為替レートの差がダイレクトに影響します。円高であれば支払う金額は少なくて済みますが、円安の時は円高時と比べて多く払うことになります。

②保険金をドルのまま据え置くことができるか
保険によっては受け取り時期がきたらすぐにドルから円に両替して受け取らず、据え置きができる保険があります。受け取るときに円高だった場合にしばらくドルのまま据え置き将来円安になってから受け取ることができるので、為替リスクを回避できます。

2.こんな人は適していない

☑保険に安心を求める人

☑外貨投資に興味や知識のない人、為替変動リスクがよくわからない人

毎月の保険料や満期保険金額が変動する理由がよくわからないまま安心して加入し続けられそうですか?
外貨建て保険はリスクを伴う金融商品。内容を理解できていない状態で加入するのは危険です。

3.円建て保険に適している人

☑契約時に決めた金額を受け取りたい人

☑保険と運用は別で考えたい人

☑予測がつかない為替差益での運用をしたくない人

まとめ

外貨建て保険はリスクが全くない保険ではありません。運用商品として、外貨建て保険は為替レートによって保険料・保険金・解約返戻金が変動するものと内容を理解して加入する分には良いですが、“保障も得つつ運用ができるから”、“将来的にはマイナスになることはないから”と内容をしっかりと理解せず勧められるまま加入しないようにしましょう。

保険全般に共通したことですが、商品を理解したうえで加入を検討してくださいね。