個人年金、保険受取時の税金とは

個人年金の保険金受け取りをする場合、かかってくる税金の種類は、受取人と契約者の関係で変わってきます。

契約者・被保険者 保険金の受取人 税金は?
所得税
贈与税
贈与税

また、満期金を契約者が受け取った時には、所得税がかかりますが、
一度に受け取ると・・・一時所得
一定期間に分けて受け取ると・・・雑所得

例えば、満期時や解約時に一時金で受け取った場合は、

(受け取った金額―払った保険料―特別控除50万)×1/2=一時所得

つまり、満期保険金と支払った保険料の差が50万円を超えなければ税金も発生しないことになります。

また、個人年金保険を年金のように一定期間に分けて受け取る場合は、

その年に受け取った年金額―その金額に対応する払込保険料=雑所得