「健康祝金付きがお得!」ってホント?賢い女性の選択は?

「健康だったらお祝い金がもらえる!」そんなうたい文句の医療保険に魅力を感じる女性は多いはず。保険に入っているのにお金がもらえるなら、掛け捨てよりも「お得!」と思いますよね。

でも、ちょっと待って!!

それってホントにお得ですか??そもそも健康祝金の仕組みをあなたは知っていますか? 早速加入しようと思わずに、本当にお得に備えるためにも、まずはその仕組みを理解してから保険に加入する必要があります。お得かどうかの判断は、それからしてみてくださいね。

1.「保険」と「貯蓄や運用」は別!

健康祝金は、健康だと何年か毎にお祝い金がもらえるというものです。お祝い金と聞くと、保険会社から「もらえるもの」というイメージがあり、健康でいるだけでお金がもらえるなんて「お得!」と感じてしまいますが…実は、お祝い金という名前だけで、保険会社がくれるものではありません。

実際には、私たちが支払っている保険料の中から、健康祝金として積み立てた保険料が戻ってきているだけです。つまり、健康祝金がもらえる特約をつけるとその分、保険料が高くなり、その特約の保険料が健康祝金として積み立てられて、何年か毎にお金が戻ってくる仕組みになっているのです。

保険に入っていながら、貯蓄もできるんだ!と思う方もいますが、そもそも医療保険とは、「病気になった場合」に備えるための保険です。『健康だったら』はあくまでも結果論。積み立てたお金がもらえない可能性もあります。健康祝金を期待して保険に加入するよりは、自分が不安に思っていることにきちんと備えることができる医療保険に加入するべきです。  備えである保険と貯蓄は別で考えましょう! 

2.本当に「お得」なの?

健康祝金付きの医療保険は、掛け捨ての医療保険より本当にお得なのでしょうか?

健康祝金は、保険商品によって支払いの条件が違います。いくら保険料を負担するのか、どういった条件で健康祝金が支払われるのかを十分に確認する必要があります。

実際に特約として付ける場合には、その特約分の保険料を保障とは別に支払うことになります。この保険料がいくらになるのか、また、保険料だけでなく、保険料の支払期間によってもお得かどうかが変わるため、

その仕組みを理解した上で、比較することが必要です。

保険の仕組みをしっかりと理解したファイナンシャルプランナーに相談し、きちんと比較・検討してから加入するのがおススメです。

まとめ

最近は、インターネットでも保険料を試算することができるようになっていますが、細かい試算や比較はインターネットでは出来ません。弊社のような様々な保険を取り扱っている代理店に足を運び、じっくりと比較・検討をすることをお勧めします。

お得に備えるための賢い女性の選択として、もらえるか、もらえないか分からない健康祝金を期待するよりは、本来の医療保険の役割である「ケガや病気への保障」を重視して医療保険を選ぶことをおススメします。

追加で特約分の保険料を支払うなら、備えである保険とは別で、貯蓄や資産運用を検討すべき場合もありますので、迷ったら、ファイナンシャルプランナーにぜひ相談してくださいね。LINE@から相談予約をお願いします。ファイナンシャルプランナーの私たちがいつでもサポートします。お任せください。

予約状況カレンダーの確認はこちらから