保険証券を失くしてしまった!焦る前にまずチェック✅

医療保険や自動車保険に加入すると、保険会社から「保険証券」という書類が送られてきます。保険会社によっては小さな封筒で送られてくる場合があるので、どこかに埋もれてしまって探すのが大変・・なんてことになっていませんか?

保険証券は、とても大切な書類です。今回は、万一失くしてしまった時の対処法と、上手な保管方法を一緒に学んでいきましょう。

1.そもそも保険証券って?

そもそも保険証券とは何でしょうか。簡潔に言うと「保険に加入していることを証明する書類」です。契約している内容や、保険金額、保険期間、名義人などが記載されていて、1契約に1つ証券番号が付与されています。保険会社にこの証券番号を伝えると、住所変更などの変更手続きや、いざという時の保険金請求がスムーズになります。

紛失した場合、契約が無効になることはありませんが、保険証券が手元にないと、万一の時に自分がどこの保険会社のどんな保険に加入していたか分からず、手続きが進まない可能性があります。

2.失くしてしまったら、こうしよう!

では、もし保険証券を失くしてしまったらどうしたら良いでしょうか。その点はご安心を。保険会社に連絡をすることで、無料で「再発行手続き」が可能です。ただし、手間と時間がかかりますので、まずは焦らずじっくり探してみることをおススメします。

<<一般的な再発行手続きの流れ>>

①保険会社のカスタマーセンターか代理店へ連絡(証券番号が分からなければ、氏名・生年月日・住所などの個人情報で照合してもらう)
②本人確認後、保険会社から「再発行請求書」が郵送される
③指定された箇所に記入・署名・捺印をして返送(免許証コピーなど本人確認書類添付)
④1~2週間後に保険証券が到着(証券に「再発行」という文字が記載されることも)

3.上手な保険証券のしまい方

最後に、保険証券の上手な保管方法を紹介します。再発行しても、また失くしてしまったら大変です。自分や家族を守る大切な証明書ですから、「分かりやすく取り出しやすく」しまっておきましょう。あとは、いざという時に困らないように、家族に保管場所をきちんと伝えておきましょう!

<<事前準備>>
自立できる厚さのファイル、ラベル、インデックス、クリアファイル、蛍光の付箋(全て100円ショップで手に入る)

手順

①保管する保険関係書類をチョイス➡保管する書類は、保険証券と契約時に受け取った全ての書類。契約後に送られてくるDMなどは思い切って処分。

②生命保険ファイル(医療保険・がん保険など)と損害保険ファイル(自動車保険・火災保険など)を分ける➡契約がなければ、どちらかだけでOK。

③保険種類ごとにインデックスを貼り、必要書類をファイリング➡家族が多くても、「1人1ファイル」が望ましい。

④保険証券の「証券番号」と「連絡先」に蛍光付箋を貼る➡いざという時に一番必要な情報

その他
*CDROM 約款はクリアファイルに保管。冊子の約款は、ファイルの横に立て掛けて保管。
*ファイルの背表紙に「山田花子/生命保険」などラベルに記入して本棚に立て掛ける。

いつでも備えを確認できるようにしておくことで、いざという時に役立ちます。特に毎日忙しく働く女性ほど管理が簡略であることが重要であると思います。煩雑になりがちな保険証券をすっきり整理してみましょう。

今、どんな保険に加入しているかをこの機会に確認してみましょう。保険証券から保障を把握するのはわかりづらいことが多いと思います。そういう時こそ私たちファイナンシャルプランナーに頼ってください。無駄な保障に入っていないかを確認し、将来に向けての備えを提案いたします。ぜひ連絡ください。

LINE@でファイナンシャルプランナーに相談予約!