知っ得コラム☆教育費準備は学資保険だけじゃない☆

今回は以前『学資保険』にご加入いただいた加入者様の例をご紹介します。

学資保険に入りたいということでご相談にお越しくださいました。
お話をする中で、「お金を貯めること」を目的とされていることがわかりました。

そこで、学資保険と終身保険の利用を提案しました。

学資保険は中学入学時に一時金30万円、高校入学時に一時金30万円、
大学入学時に満期金100万円を受け取る内容としました。
この学資保険加入は万が一の保障(万が一の場合には保険料の支払い免除)を付けるために、 保険料の支払は月払いにしました。

貯蓄の意味では大学入学時にすべてを受け取るほうがお金が増えやすいですが、それぞれの入学時には制服の購入などにお金が必要になることが考えられるため、一時金の受取をお勧めしました。

一方、終身保険は加入時に一括で保険料を支払うことで、15年程度経過すると払い込み保険料より 解約時の解約返礼金のほうが多くなるため(ご加入当時の試算)、 大学入学時までの18年間で確実に資金準備できます。
また、終身保険ですので、この保険を解約しなくても大学入学資金が準備できれば、 契約者さまの保障として一生涯残すことができます。

相談者さまからは
「まさか終身保険で資金準備できるなんて、知らなかった。教育費準備でも死亡保障でも使えるなんて安心です。相談に来てよかった」
と満足していただけました。

弊社ではお子様が大学に入学する前に連絡を差し上げ、今後の保険をどうするかということも相談しています。ぜひLINE@から相談予約をしてください。