1. TOP
  2. 用語集
  3. 在職老齢年金

在職老齢年金

« Back to Glossary Index

年金を受けられる人が60歳以降も働き厚生年金の被保険者となっている場合、年金の一部または全部が支給停止される制度。60歳前半と60歳後半では支給停止の方法が異なる。

<60歳以上64歳以下の場合>

総報酬月額相当額+老齢厚生年金の月額=28万円まで・・・全額支給

総報酬月額相当額+老齢厚生年金の月額=28万円以上・・・一部または全部が支給停止

<65歳以上70歳未満の場合>

総報酬月額相当額+老齢厚生年金の月額=47万円まで・・・全額支給

総報酬月額相当額+老齢厚生年金の月額=47万円以上・・・一部または全部が支給停止

« Back to Glossary Index